リップルはビットコインの改良版

ビットコインに続く仮想通貨として、リップルは近年注目を集める存在です。ビットコインの勢いに乗って、世界各国の企業で、今新しい仮想通貨のサービスというものは生み出され続けていますが、中でもリップルは特にビットコインへの意識が強いサービスだと言われます。

 

ビットコインよりも便利に、そして手軽にということを目指して作られたリップルは、取引の時に仲介役の銀行を必要としません。独自のシステムが行う管理の下、リップルはビットコインよりも遥かに速い、時間にして秒の単位での決済を可能にしていると明言しています。

 

リップルのレスポンスの良さは、トレードの快適化を生み出します。リップルでの仮想通貨の取引はどこまでもリアルタイムに近く、タイムラグを発生させません。取引時に意思を阻む障害がなく、自分のタイミングのままに、仮想通貨を動かすことができるという所に、リップルのメリットはあるのです。

 

中継地点を最大限に省いたシステムの上には、スピード以外にも、手数料が発生しないといった、ユーザーにとって嬉しいポイントもおかれます。何者にも阻まれない、リップルの自由度の高さは、仮想通貨の中でも上位に位置します。

 

リップルの今後の課題は、ビットコインと並ぶ知名度を得ることにあります。リップルに限らず、シェアの獲得は今や、後続のサービスの全てが抱える問題です。グーグルを筆頭に、大手の企業は既にリップルに目をつけている所も多く、今後の更なる躍進が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>